©2018 APS magazine.

Author archive for APS MAGAZINE

  • APS

    APS. film 02

    - by APS MAGAZINE

    映像作家Jumpei Mukaiとアパートメントホテル新宿のコラボレーション企画。
    部屋ごとに全く違う色を持つアパートメントホテル新宿の造りを生かし、
    ホテルの断面図をイメージして、それぞれの部屋で過ごす宿泊者の生活、帰宿から部屋の灯りが消えるまでの時間をロマンチックに切り取っている。
    時間と空間の並列化がコンセプト。

  • APS

    12/8-12/10 COLLECTIONS last volume

    - by APS MAGAZINE

    COLLECTIONS last volume 開催のお知らせ

    12月8日から三日間、最後のCOLLECTIONSを開催致します。
    1-4階、裏手ギャラリーを含むAPARTMENT HOTEL SHINJUKU全スペースを使用した大規模な蚤の市になります。
    定期アンティーク市として催されてから早5年、三軒茶屋や町田での展開も含め長い間ご愛顧頂き本当に有難う御座いました。

  • APS

    ヘアメイクアーティスト 市橋由莉香

    - by APS MAGAZINE

    今回は、来る11月10日から10日間、APARTMENT HOTEL SHINJUKU併設のギャラリーで個展を控えているヘアメイクアーティストの市橋由莉香さんを今回ご紹介したいと思う。
    ヘアメイクアーティストとして活躍されている市橋さんは、JOHN GALLIANOのコレクションを見た時の衝撃がきっかけで、その道に進んだんだとか。
    普段は、クライアントからの依頼を受けて市橋さんらしい視点で完成させていくヘアメイクという仕事をされている。
    施術が終わり、作品とも言える技術についてのこだわりを聞いてみると、
    「普段のヘアメイクの仕事にも共通しているのですが、強いイメージのものをつくる時でも、さめた視点を持って、品と抜け感を出すようにしています。」と、答えてくれた。

  • ARTIST INFO

    2017.10/21 abilletage halloween “Masquerade”

    - by APS MAGAZINE

    abilletage主催のハロウィンパーティーの時期が今年もやってきた。
    今年のパーティーは10/21(土)に渋谷TRUMP ROOMで開催される。
    ハロウィンパーティーにそんなに馴染みのない筆者は、それがどういったパーティーなのか聞いてみた。

  • APS

    DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #12

    - by APS MAGAZINE

    9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント
    DEPARTMENT HOTEL Vol.2
    本イベントに出展される様々な
    “ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”
    よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。
    今回、クローズアップするのは”Daijiro Hama”。

  • APS

    DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #11

    - by APS MAGAZINE

    9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント
    DEPARTMENT HOTEL Vol.2
    本イベントに出展される様々な
    “ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”
    よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。
    今回、クローズアップするのは”Yuki OGAWA × Keita Nohara”。

  • APS

    8/25-8/31 NNNI / 私たちがしないこと SOMETHING WE DON’T DO

    - by APS MAGAZINE

    複雑に絡み合うリズムや空間的なサウンドにシンクロする鮮烈な映像によるストーリーを主軸に、立体音響・ドローイング・スカルプチャ・オブジェなど様々な要素を取り込む、空間全体を使ったインスタレーション展を、「私たちがしないこと」と題し開催します。
    「私たちがしないこと」とは作家である「私」たちが しないことであり、また鑑賞者の「私たち」がしない ことでもあります。展示をみている鑑賞者の「私た ち」が、作家の視点からの表出された「私たち」と交 差し、主観と客観が錯綜することで生じるズレや錯 覚、誤解や曲解を対比的に映し出し、〈虚像としての 私〉と、今ここにいる〈実像の私〉という2つの私を重 ね合わせる構造をつくります。このネストさせた構 造による表現を鑑賞者が覗き込むことで、こちらの「私たち」の価値観がツイストし、鑑賞者であるそちらの「私たち」へ訴えかける作品世界を提示します。
    会場は新宿高島屋至近でありながら、通り一本裏路地の混沌とした地区に ある、古いビジネスホテルをリノベーションして生まれ変わった非常にコン セプチュアルなホテルとなっており、ロビーや地下には厳選した古道具の販 売を行うショップ機能も備えています。近隣の混沌とした空虚さから、通り を抜けると新宿の中心地へとアプローチする、そんな不思議な立地にある ギャラリーを使い、その空間と呼応する立体的な展示を行うことで、本展の コンセプトである虚構や現実の狭間をよりリアルに体験いただけます。

  • APS

    史群アル仙 「今日の漫画」原画展

    - by APS MAGAZINE

    日程 7/15 (15:00_21:00) 7/16 (11:00_17:00)
    ※ LIVE PAINTING (19:00 open 19:30~20:30) 入場料 1000円(ポストカード持参で500円引き)
    7/17 (11:00_17:00) 入場料 500yen(ポストカード付)
    漫画家 史群アル仙の新刊「今日の漫画2」発売を記念して原画展を開催。16日には本人によるライブペインティングショーを予定しています。史群アル仙は1日につき、数回登場します。お気軽に御越し下さい。

  • APS

    APS. film 01

    - by APS MAGAZINE

    Director : So Mitsuya , Camera : Yu Kotaka , So Mitsuya
    現代写真家So Mitsuyaとアパートメントホテル新宿のコラボレーション企画。
    雑踏する街角を抜け、ホテルの部屋へ入ることにより生じる緊張からの解放、
    そして安堵感を得るまでの数分間を、一対一のフォローショットで表現。

  • APS

    Aquvii ” good bad HOTEL ” × APARTMENT HOTEL SHINJUKU

    - by APS MAGAZINE

    AQUVII最新コレクションとなる「GOOD BAD HOTEL」をテーマに製作された特別映像を12/3より全国にて同時上映。
    「good bad HOTEL」このHOTELは、どこかの国にあるようで、どこの国にもありません。
    今までアクセサリー、雑貨、お洋服と、色んな物を作ってきましたが、 2016~17年のAquviiは出来るだけイメージソースを統一してこうと思ってます。
    世界の色んなHOTEL,MOTELに泊まってきました。 出会いを作ってくれる事もあるし、 その部屋にまた行きたいが為に旅程を組む、なんて事も最近はしばしば。 そんな特別な瞬間を思い出して。 目の奥が笑っていない、最高の作り笑いを見せてくれるベルボーイ。 無愛想だけど、自分でも気づかない欲しい物を持って来るメイドさん。 入り口右のカフェに何故かいつもいる、おじいさん。 廊下の消えそうで消えない照明。広くはないのに何故か落ち着くベッド。 流れてくる何語かわからないTVの音。 良くも悪くも、あなた次第。ようこそ「good bad HOTEL」へ