©2018 APS magazine.

Author archive for Rin

  • BAR

    Le Temps

    - by Rin

    2007年12月25日に新宿三丁目にオープンした、Le Temps(ル・タン)。
    都会の喧騒を避けるように立っているビルの、地下にあるこのBar、イラストレーター・宇野亜喜良氏の描いた壁画が見られるそう。
    今回は、店主の涌井香織さんにお話しを伺いました。
    ―Le Tempsをはじめた経緯を、教えてください。
    以前勤めていた出版社が始めたお店で、オーナーになってくれる方を探していたのですが、私が引き継ぐことになって。壁画を描いてくださった宇野亜喜良さんとも、その出版社でお会いしたのが最初でした。
    ―一番奥の壁画は、なにかテーマがあるのでしょうか?
    フランスの詩人、ジャック・プレヴェールの「五月の歌」という詩にインスピレーションを受けて、宇野さんが描いてくださいました。ぜひ読んでほしいのだけれど、「明日はみんな死ぬ。―ロバは飢えて、王様は退屈で、私は恋で。」ほら、壁画にも、ロバと王様と女の子がいるでしょう?
    こっちの壁には、宇野さんがイラストを描いた絵本の主人公たちがいたり、そっちの壁は、そう、文化祭と呼んでいる、毎年開催しているイベントがあって、その時に宇野さんが描いてくれた、一番新しい絵です。

  • GALLERY

    abilletage

    - by Rin

    コルセットを中心に、洋服やアクセサリーの販売を行っているabilletage(アビエタージュ)。
    「お洋服感覚で着られる、かわいいコルセット」をコンセプトにデザイナーbambi(バンビ)さんが立ち上げたブランドの商品以外にも、作家作品の委託販売も行っています。
    併設のギャラリースペースでは定期的に絵や写真の展示も行っており、また、店内のティーサロンでは軽食やアルコールを含むドリンクの提供もしています。
    ―abilletageで一番人気のある商品はなんですか?
    一番の人気商品は、やっぱりコルセットです。中でも新作の、オリジナルテキスタイルを使用した「レースストライプコルセット」や、オープン当初から定番で扱っている、角度によってレースが見え隠れするサテン地を使用した「レースプリントコルセット」のシリーズも人気があります。
    ―本物のようなコルセットがデザインされたタイツも人気があると聞きましたが…
    そうですね。タイツもabilletageを代表する商品のひとつです。各種試験を経て品質改良されているので色落ちしにくい仕様になっていて、厚みも80デニールと、できるだけ長く着用して頂けるような作りになっています。お洋服の上からだとわかりませんが、股上部分までプリントが施してあって、細部にもこだわっています。

  • BAR

    Bar Toilet

    - by Rin

    Even though this alley is only 3 minutes walking from the National Garden of Shinjuku, it is so calm and small that one does not easily notice it.
    They were searching for a place around the business district.
    Such things as a bathtub or a Ryan McGinley picture are warmly lighted by oil lamps, in this lively and somewhat mysterious place.
    Even though naming a ‘Bar Toilet’ may not seem the best of choice, there is a logic behind it.
    “ WC is places where you can empty your head and zone out, where no matter how busy outside is, you can relax. And this is the feeling I want my customers to experience when entering this bar. ”
    Once or twice a week, `Toilet` holds piano live events and sometimes picture expositions where customers can relax and enjoy some art.
    Normally, this place is only meant to drink, but depending on the seasons, they also serve food.
    This time, it was grilled cheese and vegetables with a homemade Anchovy sauce, which saltiness balanced perfectly with the sweetness of the grilled vegetables.
    I asked “ What are your hopes for the future of this place? ”
    Bar staff told “ As we do not have any signboard outside, people that come to `Toilet` have almost all been introduced by friends, so I wish more people could come and enjoy a moment of relaxation. I want to go on providing this to more and more customers. “