©2018 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #03

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #03
28/08/2017 Keita Nohara

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #03      “you-ichi”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは「you-ichi 」さん。

you-ichiさんの今の活動の背景には、食べるというコトを通じて表現、創造をしていきたいと思ったことから始まっている。

「you-ichi」のブランドネームは、

『目の前のあなたと大事な誰かを一番近くにつなげるコミュニケーションフード』という思いが込められている。

 

自分がyou-ichiaさんを知ったのは昨年開催された第1回目となるDEPARTMENT HOTELに出展していただいた時だ。

その時に見た「jam」の2層で構成された彩りの美しさ、そして作り込まれた味の深さに夢中になったのを覚えている。

you-ichiさんにとってのjamは、#jam遊び をテーマに食べるおもちゃであり、デザインツールであり、食のプロダクト一つとして制作されているそう。

トレンドのカラーやシーズンに並べたい色、味の組み合わせ、瓶のデザインから繋がり、スプーンですくう時の食べる楽しさやgiftで贈る楽しさをユーザーの方々に取り込んでいただきたいと考えているアイテム。

 

また、jamだけでなく、洋菓子・和菓子を通して、そのものが存在するから生まれる風景や会話、物語を感じ楽しんでもらえるようなストーリー作りを軸にしている。

 

 

「ワクワクする瞬間を表現するコンテンツ」をコンセプトに、作られているジャムや洋菓子は、食として本来の美味しさもちろんのこと、それ以外にもビジュアルから楽しむことができる一つプロダクトと感じ取ることができる。

 

今回のDEPARTMENTHOTELでは、クリエイターの集まる空間に存在させた時にどのような風景が生まれるのか。それを体感しに行きたいと考えてくれている。

今後も、「食を通して日本国内のみならず海外でもモノづくり・コトづくりができるビジネスモデルを表現することを探して行きたい」という思いを持って活動を続けるyou-ichiさんの作り出す食のプロダクトに注目していきたい。

 


– EXHIBITOR INFORMATION –

you-ichi

店舗情報

〒732-0062 広島県広島市東区牛田早稲田2-15-59

TEL:082-577-3221

※不定期営業

 

INSTAGRAM:@you_ichi85

WEB:http://www.you-ichi.com