©2018 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #04

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #04
29/08/2017 Keita Nohara

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #04      “CIITA”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは”CIITA”。

 

「きれい」以外の形容詞でも表すことができる装身具を作りたい、という思いをきっかけにデザイナー齊藤慶子がCIITA(ciita)名義で始めたアクセサリープロジェクトは、身につける人それぞれが意味合いや物語を構築していけるような、お守りのような装身具をコンセプトに制作をしている。

 

CIITAのアクセサリーは、主に天然石とメタルパーツで構成されており、個性的なフォルムが特徴。

ブランド名について聞いてみると、

「CIITA / ciita / (see-tah :シータ) は造語です。ブランド名が固定観念や先入観を与えないよう、何語でもない、それ自体特別な意味を持たないものにしました。発音した時の心地好さ、耳触りの良さ、大文字・小文字共に字体の並びのリズムを意識しています。 」と、教えてくれた。

また、今後の展望について聞いてみると、

「小規模ですが、このスケールでできることを大事にしつつ進化していきたいと考えています。実際に手に取って見ていただける機会はもう少し増やしていけたらと思います。

」と、話してくれた。

今回のDEPARTMENT HOTELについては、ホテルの各部屋をブースとして解放していることもあり、オムニバス映画のような、群像劇のようなイメージを持ちながら、楽しみにしてくれている様子だった。

 


 

– EXHIBITOR INFORMATION –

CIITA

INSTAGRAM:@ciita_keiko

FACE BOOK:https://www.facebook.com/CiitaAdornments

WEB:

http://ciita-ciita.com/

https://ciita.stores.jp/