©2017 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #05

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #05
01/09/2017 Keita Nohara

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #05      “Keeenue”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは”Keeenue”。

筆者がKeeenueを知ったのは、昨年の8月の終わり。

恵比寿にあるダイトカイでの展示を見に行った時のことだった。

壁一面に大胆に描かれたカラフルなペインティングとパネルの作品や額装されたそれぞれの作品に関連性やストーリーを感じながら鑑賞させてもらった。

オリジナルのグッズ展開もしていて、その時はTシャツをオーダーしたのを覚えている。

(写真は、展示を見に行った時に筆者が撮ったもの)

 

 

初めてお会いした時は、少し話をして今度DEPARTMENT HOTELってイベントがあるから遊びに来て欲しいとお誘いをした。

イベント開期中、本当に遊びに来てくれて楽しんでもらえた様子だった。

もし、2回目のDEPARTMENT HOTELが開催できる時は絶対に出てもらいたいと実は考えていて、今回本当に参加してもらうこととなり個人的にはすごく嬉しく思っている。

 

ちなみに、アーティスト名の”Keeenue”は本名を崩してつくった造語なんだとか。

(本名はシークレットなので、気になる人は仲良くなって聞いてみてもいいのでは?)

Keeenueの作品制作ついて聞いてみると、

「いつもそのときに感じていることをテーマに制作することが多いです。」答えてくれた。

加えて、「大抵アーティストはそれぞれ作風のスタイルを決めていると思いますが、いまは作品の雰囲気はとくに決めず、テーマごとに違ったりします。」と話してくれた。

 

常に新しい取り組み、やってみようという気持ちで作品制作をしているKeeenue。

特に「人をどきっとさせるようなものを作っていきたい」という思いを持って作品制作を続けている。

 

最後に、今後の展望を聞いてみた。

「大きい作品をもっと作っていきたいです。いろんな場所の壁に描きたいですね。他にもペインティングだけでなく、立体作品や空間のデザインなど様々な分野に挑戦したいです。今後は海外でも展示や活動ができたらいいなと思っています。」

と、話してくれた。

 

DEPARTMENT HOTELでは、出展者を含め来場される皆様、いろいろな方と出会えたら嬉しいと思ってくれているKeeenueの作品を是非ご覧いただきたい。

 

 

– EXHIBITOR INFORMATION –

Keeenue | キーニュ

1992年生まれ 湘南育ち。2016年多摩美術大学卒業。ペインティングをはじめ、壁画、オリジナルアイテムの販売、個展やグループ展への出展、アートワーク提供等、多岐にわたる活動を展開する。

WEB:http://keeenue.com