©2017 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #09

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #09
05/09/2017 Keita Nohara

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #09      “pink india”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは”pink india”。

早速、pink indiaの名前の由来から聞いてみた。

「2004年にデザイナーのLena M Falkがインドで立ち上げたブランドで、彼女の好きな色の「pink」と好きな国「india(インド)」を組み合わせてその名前が付けられました。」

と、教えてくれた。

 

2009年より日本での取扱いがスタート。

そして2014年より日本独自の商品企画・開発及びに販売を行っている。

ベーシックな北欧のデザインに、スウェーデンデザイナーのフィルターを通したアジア(インド)のデザインがミックスされたテキスタイルデザインを発表。

商品の生産は日本国内で行っており、日本の職人の丁寧なモノづくりを活かし、デザインだけでなく、日本の皆さんに長く愛用してもらえる製品作りを心がけている。

DEPARTMENT HOTELへの出展について聞いてみると、

「初めての東京での展示会の参加なので、あまり緊張しないように自然体で迎えたいと思います。」と、答えてくれた。

 

また、「pink indiaのデザインを必要としている企業の方々、カフェや飲食店のオーナー様などの異業種の分野でご縁があればと思います。」と加えて今後の展望についても話してくれた。

 

筆者自身は、DEPARTMENT HOTELの期間中、ブースとなるホテルの客室をどのようにテキスタイルやプロダクトで演出してくださるのか楽しみにしている。皆様にも是非、ご注目いただきたい。

 

 

– EXHIBITOR INFORMATION –

pink india

INSTAGRAM:@pinkindia_japan

FACE BOOK:http://www.facebook.com/pinkindia.japan

TWITTER:https://twitter.com/pinkindia

WEB:http://pink-india.shop-pro.jp/

OFFICE:熊本県熊本市中央区白山2丁目13-21

TEL 096-288-3067