©2017 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #11

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #11
09/09/2017 APS MAGAZINE

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #11      “Yuki OGAWA × Keita NOHARA”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは”Yuki OGAWA × Keita Nohara”。

最初に、フォトグラファー小川優樹について触れていきたいと思う。

作品作りを始めたきっかけは、「話すことがあまり得意ではないことに気づいたから」と話す小川さん。

筆者は、何度も小川さんにお会いして作品だけでなく撮影風景も間近に拝見する機会があったので、小川さんの人となりを全てではないにしても多少知っているつもりでいる。

だからこそ、小川さんの写(映)し出す作品の世界観を見た時に「あっ、小川さんだ!」と納得してしまうところがある。

コンセプトは「引き算」と小川さんは、言う。

情報量の多い昨今。そこからいかに情報量を引くかで作品として成立させるのか、魅せるのかを小川さんは自然と意識しているんだと「引き算」という言葉を聞いて筆者は思った。

そこには、ガラスを一枚隔てたような、客観視することもポイントになっているようだ。

小川さんにとっての作品作りとは?と聞いてみると、

「写真における額縁というものは、窓枠と同義であるべきだと考えています。壁に掛けるだけで、好きな世界の好きな季節の好きな瞬間を封じ込めて、どれだけ覗いても飽きることのない、魔法のような窓。」と話してくれた。

 

今回、初参加となるDEPARTMENT HOTELでは多数の出展者達の作品やプロダクトを見るのを楽しみにしているそう。

そして、USHIO CHOCOLATLのチョコレートが楽しみで仕方ない甘いもの好きな小川さん。

 

来年には、都内で久しぶりに個展を催そうと考えているそうなので、今後の動きにも注目していきたい。

 

– EXHIBITOR INFORMATION –

Yuki OGAWA / 小川優樹

写真家。1984年東京生まれ。
僕は小さい頃、天文学者になりたかった。
Yuki Ogawa
Photographer / Born in Tokyo, 1984.
When I was young, I wanted to be an astronomer.

 

INSTAGRAM:@yukiogawa

続いて、Keita NOHARAについて触れていきたいと思う。

Keita NOHARAは筆者自身である。

APARTMENT HOTEL SHINJUKUのマネージャーとして現場補佐をしていたり、

ホテル内併設のAPARTMENT HOTEL SHINJUKU SHOPの代表を務めたり、

時にはイベントの企画・ディレクション・キュレーション等もすることがあり、今回のDEPARTMENT HOTEL Vol.2でも実は主催の1人を務めている。

ちなみに、フットワークの軽い人見知り。

今回、小川さんとは2人でブースとなる客室を飾ることとなるのだが、小川さんとは違った視点から写真を撮っている。

普段は、客室の写真や商用に取り扱いのある家具や小物、古着等の商品写真を撮ることが多いなか、プライベートでは基本的に白と黒のコントラストが好きでモノクロの写真を撮っている。

白と黒・明暗・陰影

上記の要素でどこまで、色が「あること」と「ないこと」で見え方が変わるのか。

それを、カメラ(写真)を通して自分自身が撮ることで、どのように見ることができるのか。

そこから始まった。

カメラに対する専門的な知識は無く、最低限のちょっとした知識から感覚的に撮影することがほとんどで

・自身の中で持っているルールに従い撮影したもの。

・ただ単に狙った写真を撮るだけで終わるのではつまらないと思ってしまい、撮りたい構図に偶発的な何かを求めたもの。

上記2点いずれかの方法で撮る内容で写真達は構成されている。

その中で、表現したいのは一貫して『静けさ』であり、静物はもちろんだが、動きのあるもの=躍動感を一切排除している。

 

今回のDEPARTMENT HOTEL Vol.2を機に誰かに見てもらえたらと思い参加する運びとなった。

 

– EXHIBITOR INFORMATION –

Keita NOHARA

Born in Okinawa, 1985. And grew up in Yokohama.

APARTMENT HOTEL SHINJUKU, APARTMENT HOTEL SHINJUKU SHOP,

My work is 2 manage the hotel & shop … and sometimes curator.

ホテルではマネージャーとして補佐をしながら、ホテル内併設のショップの代表を務め、時にはイベントを企画していたり。

人見知りだがフットワークは軽く、ふらっと気になるショップやイベントに現れる。

 

INSTAGRAM:@kt_nhr