©2017 APS magazine.

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #12

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #12
10/09/2017 APS MAGAZINE

DEPARTMENT HOTEL Vol.2 – EXHIBITOR #11      “Daijiro Hama”

9月に控えている、エキシビジョンとマーケットの混在するイベント

DEPARTMENT HOTEL Vol.2

 

本イベントに出展される様々な

“ブランド・アーティスト・クリエイター・作家”

 

よりイベントを楽しんでいただけるように、出展される方達をご紹介していきたいと思う。

 

今回、クローズアップするのは”Daijiro Hama”。

筆者が濱さんとお会いしたのは、今年の春先のことだった。

高円寺にあるtac:tacでイベントをされていた際に、展示や作品制作の風景を拝見しながら、作品についてもお話ししてくださったのを機に何かでご一緒することができればいいなと思ったことを覚えている。

そして、今回のDEPARTMENT HOTEL Vol.2にご参加いただけることが決まり、とても嬉しく楽しみである。

早速、今の活動を始めたきっかけについて聞いてみた。

「小さい頃から絵を描くのが好きで、気づいたらそれやっている感じだったので特にきっかけはないかも。

自分の自己表現を日常に取り入れたかったから自然にこうなったんだと思う。」と、話してくれた。

 

濱さんは、「モノクロ」と「有無」を作品コンセプトに、平面作品以外にもTシャツやパーカー等のアパレル作品を含め、全て一点物。

イベント期間中もライブ的に常に作品制作をし続けるということなので、是非作品だけでなく生のドローイングにも注目していただきたい。

また、ご来場された方のご依頼を受けてドローイングを施すことも可能とのこと。この機会に濱さんの作品を平面だけでなく普段から着用できる作品としてオーダーしてみてはいかがだろうか。

今回のDEPARTMENT HOTELについて聞いてみると、「普段会うことができない新しい出会いができるのを楽しみにしてます。」と答えてくれた。

 

更に、「今後は、国外での活動をメインに考えている、濱さんに引き続き注目していきたい。」と今後の展望についても話してくれた。


 

– EXHIBITOR INFORMATION –

Daijiro Hama / 濱 大二郎

島根県、出雲生まれ。2005年にカナダのトロントに単身移住、現地のアーティスト集団 “Exploding motor car” のメンバーとして映像作品の制作に参加し主に衣装、美術を担当する。

2009年トロントのバンド”Ohbijou” のPV「New year」を制作。翌年、オランダのブレダ国際映画祭にてノミネート。2011年に帰国しモノクロで表現する絵画やドローイングを中心に現在京都をベースに活動中。2014, 2015 2016年フランスの国際芸術祭 「Nuit blanche KYOTO」に参加。

2015年 Art Basel Miami Red dot art fair 参加。2016年3月放送予定 NHK放送90年 大河ファンタジー「精霊の守り人」で平 幹二朗演ずる聖導師の衣装の絵付けを担当する。

 

 

WEB:http://www.daijirohama.com/

INSTAGRAM:@daijiro.hama