©2017 APS magazine.

Limited『VINYL』Store – CATCH UP GUIDE #04

Limited『VINYL』Store – CATCH UP GUIDE #04
28/10/2017 APS MAGAZINE

Limited『VINYL』Store – CATCH UP GUIDE #04

11月3日、4日、5日に開催されるイベント、Limited『VINYL』Store/リミテッドヴァイナルストア

「VINYL(ヴァイナル=レコード盤)」を中心に、音楽ソフト全般を取り扱う「期間限定」のセレクトショップです。

 

このページは、Limited『VINYL』Store/リミテッドヴァイナルストア

「Catch Up Guide/ キャッチアップガイド」としてイベント内容の一部をご紹介いたします。

 

【出品物「12インチ/ LP/ EP」のご案内】


 

 

Celeste/Principe Di Giorno
1976年イタリア。グループが唯一の残した音源、同アルバムの1曲目。

特筆すべきは、メロトロンのストリングス。ヴァイオリン、アコギ、フルートなど多彩な楽器のハーモニーをバックにジェントルムードなボーカルと続く構成が心地よい。音数はそれほど多くないが繊細な印象。「富士山麓朝霧の朝」での選曲。

Everthing But The Girl/Birds

「the only living boy in new york E.P.」収録の一曲。「Neil Young(ニール・ヤング)のカバー曲。収録全4曲どれも秀逸。特に「コーラス・アレンジ」について、オリジナル曲をも凌駕しているはず。

Ben Watt/North Marine Drive

CLASSICS !

クラムボン/茜色の夕日

EP「yet」B面。マスターピース!ルー・リード「Walk on the Wild Side」のベースライン。

このカバー曲は、いまどきの季節、「初秋の美しい夕暮れ時」を思わせる佳曲。