©2017 APS magazine.

Posts tagged with ‘Aquvii’

  • GALLERY

    mograg gallery & Aquvii AAT SHOP

    - by Keita Nohara

    今回伺ったのは新御徒町駅から徒歩1分のところにあるmograg gallery & Aquvii AAT SHOP(以下、mograg galleryと表記)。
    予てからお付き合いのあるAquviiがきっかけでこのギャラリーを筆者は知ることとなった。
    mograg galleryのコンセプトは“日本のロウブロウアート”の提案。
    ロウブロウアートとはアメリカの西海岸発祥のアートのジャンル名で、日本ではあまりなじみのない言葉だが、現地ではアートピースはもちろんのこと、ポスター、コミックス、タトゥ、トイ、グラフィティ、スケーターなどのさまざまな形態で、シンプルにカッコイイ絵を“大衆の芸術”として楽しんでいるマーケットがあり、そのうちの何名かのアーティストの市場価値は、いまやハイアートのトップランナーと肩を並べるほどのもの。
    mograg galleryはこのようなもっと気軽にアートを楽しめる、そしてダイレクトにアーティストをサポートできる場として、このギャラリーを全てのアートファンへ解放している。

  • SHOPPING

    Aquvii

    - by Keita Nohara

    入口のネオンが目に入り、一歩店内に足を踏み入れるとそこには目を奪われるアイテムが無数に並べられている。
    お店の名前は『Aquvii』。代官山駅から渋谷方面に5分ほど歩いたところにそのお店はある。
    アクビのように、人から人へと少しずつ伝染していけばいいな、という思いが込められたAquviiの名前の通り、国内外問わず様々なお客様が買い物やアートを楽しみに訪れている。
    「Aquviiを始めたきっかけは、昔から人にくだらないものプレゼントすることが好きで、それを何かのかたちとして表現したかったから。」そう話すのは、オーナーのキョウゾウさん。
    中目黒のセレクトショップ退職後に、海外に貧乏旅行に行き、旅の途中でワイフと合流。訪れた各国で一緒にお土産を選ぶことの楽しさを改めて実感したこともあり、帰国後にAquviiをオープンさせたそう。
    更に、「セレクトショップで働いていたので、アパレルをやるのかなと思っていたけどそうではなかった笑」なんてことまで教えてくれた。
    お店を構えるのに代官山を選んだ理由を聞いてみると、「本当は中目黒で探していたけど、ちょうどいい物件が代官山で見つかっちゃって、、、それに代官山は一昔前に比べて敷居も高くなくったので気軽に遊びに来て欲しい。」と話してくれた。

  • APS

    Aquvii ” good bad HOTEL ” × APARTMENT HOTEL SHINJUKU

    - by APS MAGAZINE

    AQUVII最新コレクションとなる「GOOD BAD HOTEL」をテーマに製作された特別映像を12/3より全国にて同時上映。
    「good bad HOTEL」このHOTELは、どこかの国にあるようで、どこの国にもありません。
    今までアクセサリー、雑貨、お洋服と、色んな物を作ってきましたが、 2016~17年のAquviiは出来るだけイメージソースを統一してこうと思ってます。
    世界の色んなHOTEL,MOTELに泊まってきました。 出会いを作ってくれる事もあるし、 その部屋にまた行きたいが為に旅程を組む、なんて事も最近はしばしば。 そんな特別な瞬間を思い出して。 目の奥が笑っていない、最高の作り笑いを見せてくれるベルボーイ。 無愛想だけど、自分でも気づかない欲しい物を持って来るメイドさん。 入り口右のカフェに何故かいつもいる、おじいさん。 廊下の消えそうで消えない照明。広くはないのに何故か落ち着くベッド。 流れてくる何語かわからないTVの音。 良くも悪くも、あなた次第。ようこそ「good bad HOTEL」へ